水槽日記 Red Sea カラーチューブキットのレビュー🌱

皆様お疲れ様です🌱

raikaです。

少し前に水質改善の取り組みについて記事にしたのですが、この際に一緒にRsd Seaのカラーチューブキットを導入しました。Twitterではツイートしたのですが、こちらでレビューするのをすっかり忘れていました💦 個人的には見た目もおしゃれで使い勝手も良く買って良かったと思います🙆‍♂️ 少しお値段が…ってところもありますが、その辺も含めて記載していこうと思います。

raika

ではレビューをしていきますね!

Red Sea 〜デラックス4カラーチューブキット〜

改めて、今回レビューするものはRed Sea社から販売されている『デラックス4カラーチューブキット』です。同社からはドージングポンプである『ReefDose』が販売されていますが、これと同時期に販売されました。用途はドージングポンプに接続するためのチューブですが、専用のクリップ(オーガナイザー)とチューブホルダーがセットとなっています。チューブの色が、緑/青系統と赤/黄系統の2色展開となっており、どちらも綺麗なグラデーションになっています。

私は緑/青系統のものを購入しました。こちら👇が開封して中身を出したところです。

チューブが色分けされており、ドージングポンプと添加位置が離れていてもどのチューブが何を添加しているか一目で分かります

チューブの左に3つ置いてあるものがオーガナイザーです。これは付属の3Mテープで任意の場所に接着し、チューブを個別にホールドする事が可能です。ドージングポンプから添加位置までのチューブを整然と並べて走らせる事が可能となるので非常に便利です。

オーガナイザーの下にあるのがチューブホルダーです。付属の赤いクイックコネクトチップをチューブ先端に取り付けて、チップをこのホルダーに固定して使います。ホルダー自体と各チューブの着脱が非常にスムーズで使いやすいです。

実際の設置とレビュー

では実際の設置についてです。作業自体はどのようにチューブを通していくかにもよりますが、セット自体はシンプルなので迷うことはないと思います。ただ個人的に一点あげるとすれば、ホルダーにチューブを固定するために使用するクイックコネクトチップです。

非常に小さな部品なのですが、よく見ると形状が上下で非対称になっています。段々が多い方がチューブ側で、これを間違えるとホルダーにかっちりはまらないので注意が必要です。

raika

おおむね30分程度の作業時間で設置を終える事ができました。

設置を終えてこのようになりました👇

うちのドージングポンプは画面右に少し写っているクーラーの上のDosetronicです。Reefer425のクーラーを置いている区画はサンプ区画と壁で仕切られていますが、仕切り板はキャビネットの背面付近に穴が空いています。ここからドージングチューブをサンプ区画に引き込んでいます。添加位置はメインからの水が落下してくる位置にしています。メインポンプに到達するまでにより攪拌された方が良いかなと勝手に考えての位置です。

オーガナイザーを使用することで、チューブは綺麗に壁沿いを走行し、捻れたり折れ曲がる心配もありません。ホルダーもクイックコネクタのおかげできっちりと固定されるので安心です。

正面から見るとこんな感じです👇

自分的にはスッキリまとまってくれているので満足しています😊

物自体はショップで直接購入でも通販でもどちらでもいいかなと思います。

 

 使うとごちゃごちゃしがちな水槽周りの整理ができるのでオススメですが、若干お値段は高い印象かなとは思います。調べてみると、4色チューブ、オーガナイザー、チューブホルダーは各専門店などでそれぞれ個別で販売されていました。『すでにチューブとホルダーはあるけど、オーガナイザーだけ欲しい』などの場合は少しお安く個別購入することで無駄な出費を抑える事はできそうです🙆‍♂️

今回はRedSeaのチューブキットのレビューを行いました。ドージングポンプを使用していて、長いチューブの収まりの悪さでお困りの方、水槽周りをスタイリッシュにまとめたい方などにオススメできる商品だと思いました🙆‍♂️

ではまた👋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA