水槽日記 Coral essentials の新商品を導入🙆‍♂️

皆様お疲れ様です🌱

raikaです。

皆さんは添加剤はお使いになられますか?添加剤には栄養強化、イオンバランスや栄養塩調整、駆除剤など多岐に渡り、特に初心者の方には使い方が難しかったりもします。私も最初は敬遠していましたが、徐々に勉強しつつ、自分なりに有益と判断できたものは取り入れるようにしています。

その中でも、今日は我が家で愛用しているCoral Essentialsの添加剤の一部を新商品に移行しましたので、こちらの話題を記事にしようと思います✍️

我が家で使用しているCoral Essentials

Coral Essentialsはオーストラリア発祥のアクアメーカーで、添加剤やフラグサンゴなどが日本で販売されています。我が家で使用しているCoral Essentialsの添加剤は以前の記事にも記載しましたが、Coral Powerシリーズのアミノ酸添加剤とビタミン剤であるBlack Labelです。

水槽日記 新たな添加剤 Coral Essentialsを導入

良いと感じた点🙆‍♂️

初心者でも使いやすい添加剤で、サンゴの成長、色維持~色揚げに効果があるとされています。ただ、アミノ酸もビタミン剤も、数値的に明確な評価は難しく、ユーザーの主観が評価の主体にならざるを得ません。

私自身としては長く使用していますが、サンゴの色彩は良いと思っており、この添加剤の影響は少なからずあるのだろうと感じています。

SNSの皆さんの様子を見ていても、使用してサンゴの色彩が良くなったという発信は時折見かけますので、やはり一定の効果はあるのかなと思います⤴️

raika
raika

効果についてのレビューはこの程度の事しか言えませんが、実際の使用感はもう少し具体的にお話ししますね👍

Coral PowerもBlack Labelも小瓶に入った添加剤で、蓋に付属したスポイトで滴下するスタイルです。冷蔵庫保存が必要(Black Labelは冷暗所でも可?)ですが、小さいので保管に場所を取らないのは良い点かなと思います。

悪いと感じた点🙅‍♂️

ただ、滴下に関しては1つ難点が見えて来ました👀

それはBlack Labelの1つ、Energy+の滴下量です。Energy+は脂溶性ビタミン剤であり、他の2つに比べて表面張力が弱いのか、滴下の際に落ちやすく、結果的に雫が明らかに小さいです。この為、滴下量が他の2剤に比べて少なくなってしまいます。見た目だけではどの程度少ないか分かりませんでしたが、他の2剤を使い切った時点で、なんと1/3以上余ってしまいました💦 自分だけでは無さそうなので、他のユーザーさんにも伺いましたが、やはり同様に余っておられました。

念の為商品ページを確認すると、3剤共に規定量は同じで、1滴は0.05mlと記載されていました。そこで、Energy+を4滴シャーレに落として、可能な限り1mlシリンジで回収し測定しました。すると滴下量は0.08ml程度…。完全に吸えて無かったりシリンジ壁面の付着なども考慮しても、4滴で約0.1mlほどでしょうか。本来なら4滴で0.2mlなので1滴量は公式の半分程度です。なので、Energy+は他の2剤よりも多め(感覚的には1.5~2倍)で添加するくらいでちょうど良いのかなという印象です。

もっと確実にいくなら、それぞれ専用の1mlシリンジで吸って添加すれば良いのですが、これはいささか面倒くさいですよね😅 スポイトでの滴下なので、どうしてもおおよそになってしまうのは仕方ないですが、ちょっと誤差が大き過ぎるなとういのが正直なところです😓

raika
raika

ちなみに最後の1割くらいになると、スポイトが届かなくなるので、きっちり使い切ろうと思うと結局1mlシリンジで吸うことになります💦

新しく販売された『CVE+』

そんな折に日本で発売開始になったのがが『CVE+』です。こちらはBlack LabelのChroma+、Vibrance+、Energy+の3剤をバランス良く混合して1剤にしたもので、頭文字をつなげて命名されています。容量が多く(500ml or 2.75L)なってしまったので、保管に少し場所を取りますが、それをカバーするメリットがあります。

メリットと感じるところ

まず、冷蔵庫保存は不要であり、以前は中途半端にしか出来なかったドージング(Chroma+、Vibrance+は要希釈、Energy+は不可)が容易に出来るようになっています。また、すでにバランス良く配合されているので、前述した3剤、特にEnergy+の性質に伴う不均等な誤投与の予防にもなります。

加えてコスト面でもこちらに軍配が上がりそうです。

例えば我が家ではMixed Reef(400L)に対して添加をしています。瓶の場合、標準推奨添加量は各8滴(0.4ml)/日となります。全て50mlなので、約125日で使い切ります。瓶剤は3種類合わせて9,240円×3=27,720円なので、一日単価は約222円です。

新発売のCVE+は標準添加量が16mlです。最もコスパに優れる2.75Lのタイプだと約172日で使い切ります。CVE+は23,100円なので、一日単価は134円です。

どうでしょうか?置き場所の問題さえクリアすれば、かなり使いやすい進化を遂げたのではと思います👏

効能に関してはこれからですが、基本的に内容は変わらないので大差は無いのかなと予想しています。

今回はCoral Essentialsから新たに発売されていた『CVE+』の導入についてでした。もし使用して大きな問題が出るようであれば報告しようと思います😅

ではまた👋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA